『ひみつ堂』 【天然氷】と純粋氷蜜【ひみつ】のかき氷

カテゴリ:お知らせ( 82 )

生きカエル場所

b0195849_19283829.jpg


「みなさんのお蔭で今年も氷が取れました。本当にありがとうございました。」

今年の採氷作業が無事に終わった後、安堵な雰囲気の休憩室で親方さんが採氷に関わった方々に締めの挨拶がありました。何回お手伝いさせて頂いても作業が上達するには程遠く、その場に居合わせた僕にとっては恐縮極まりない出来事だったのですが、改めて感謝を伝えることの大切さを勉強させて頂きました。

初めてお会いした時からいつでもどんなときでもニコニコとして怒ったとこなど見たことない温和なお人柄。しかし氷の仕事となると古希を越える細身の体からと思えないほどエネルギー溢れる圧倒的な体力で憧れます
切り出し中は氷上で大きなカッターを軽々と自在に操り氷をきっておられるのですが最後は皆と氷に大量のおが屑で蓋をする作業に。

切り出しの時だけしか行かない僕でも「氷に蓋をする」作業は何か達成感というか込み上げてくるものがあるのですが、自然を相手に現代の進化からかけ離れた大変な仕事を代々受け継ぎ守ってきた親方さん、女将さん、ご子息の方々の安堵と思いは計り知れないものがあるんだろうなぁと思うとなんだか泣きそうになりました。




思えば谷中のお店が開店する前にかき氷界の巨匠である「埜庵」さんにご紹介頂き初めて参加させて頂いてから5年。三ツ星氷室さんの氷池は自分にとって初心に帰れる大切な場所でもあります。肉体的に本当に大変な作業の連続ですが、採氷に関われることによって大きなエネルギーをもらえることも確かです。自分のお店に戻ると実感します。



「かき氷だけで生きてゆく」



なんとも無謀なことを初められた「埜庵」の店主さん、氷を繊細に削ることでは右に出るものはいないであろう「三日月氷菓店」の店主さんとご一緒できることも毎年気が引き締まるし、そんな「かき氷だけで生きてゆく」ことの先頭を走り続ける店主さん、各お店のスタッフさんから色々な話を聞ける刺激は夏の前には怖気づく自分の心にムチを打ってくれます。先輩の想いを感じながら《三番目》として自然の恵みに感謝し責任の重みを受け止め三ツ星さん愛情の塊である氷をお客さまにお届けしたいと思っています。

また一方で通年でかき氷を提供されるお店が増え色々なところで魅力溢れるかき氷を目にする機会も多くなりました。ただ「ふわふわ」とか「自家製蜜」とかいう枠を越えて幅広くなってきていることは「かき氷」に携わるものとしてとても素晴らしいことだと思います。

そんな中


「ひみつ堂」としてできることはこれからも「世界で1つしかないひみつ堂を作っていく」今までやってきたひみつらしさを大切にしながら「ひみつ堂に来た全ての人に笑顔になってもらう」ことを不可能!と思わず常の目標に置きつつ今年も夏に向けて励んでいきたい思います。

もう一つ
続けていけるのは至らない店主を支えてくれるスタッフがいてくれてこそ。親方さんのように感謝を伝えられる人になれるようになりたいと思います。


日光の天然氷が自然の寒さでゆっくり固まるように時間をかけて(笑)



生きカエル場所で

尊敬できる人達達に再会して

初心を見つめ直せることにつくづく感謝して。


b0195849_202445.jpg

[PR]
by omodakaya-ice | 2015-02-12 20:03 | お知らせ

おばあちゃんちみたいに

b0195849_11365998.jpg





「あったかーーい! なんかおばあちゃんちのかおりがするぅ。」



「こんなにほかほかなんだね。」



冬の間お店の中を常夏温度にしてるので



みなさん最初に「暖かい」もしくは「暑い。。」と感想を。



ちょうど大量のじゃがいもが茹で上がりザルに上げていたところでしたので



舞い上がる白い蒸気とじゃがいものかおりで食欲を刺激されそう感じたのでしょう。



『ばーやがうまいもんこさえてまってるよぉ』(笑)



お店のある谷中はお寺の町



空の広い昭和な景色と、お寺の瓦、線香のかおりと



駅から『ひみつ堂』への道で



必然と『おばあちゃんちモード』は高まります。



東京であってトウキョウでない。



そんな情緒ある町『谷中』で『かき氷専門店ひみつ堂』は四回目の冬を迎えています。



つづく
[PR]
by omodakaya-ice | 2014-12-27 11:36 | お知らせ

さくらイロのひみつ

b0195849_8101366.jpg


今年も採氷作業が終わり3回目のひみつの冬が瞬く間に過ぎ気がつけば春になっていました。暖かくなり色んな方が気楽に暖簾をくぐって参ります。つい先日も第一声を発するの目前(一口食べる度に「うんんぁあーわん」と唸りねだりしていたので)にした赤ちゃんと「いちみ」を分け合うお父さんや、列がなくなったからと閉店間際の土曜日に駆け込んでくれた近くで工事現場に関わる3人様。そろって3つ「いちみ」のご注文。還暦を過ぎ散策中にお立ち寄りいただけるお一人さまも増えました。

色んな年代の方々のご来店が増えると本当に春を感じます。

そんな温かさがある中、嬉しいことも、ちょっぴり寂しいことも。
ひみつ堂でがんばってくれていた四人の通年スタッフ1期生が卒業していきました。最後のシフトインもいつもと同じきっちりとした仕事ぶり。2年、3年と続けてくれてなかには、波があることもありましたが彼女達が本当に来店されるお客さまのことを思い、働く仲間のことを思いやる気持ちがあったからこそ、今のひみつ堂があるんだと思いました。彼女たちがお店に残してくれた言葉やみんなに宛てた手紙の中にひみつ堂の仕事は決して楽な仕事ではないけど「達成感」「楽しかった」「自分も成長できた」「かけがえない人間関係を築けた」など後輩やお店にとってこれ以上ない言葉を受け取りました。社会にでても持ち前の自分らしさと笑顔で荒波を乗り越えていけることと思います。

改めて
「長い間、続けてくれてありがとう。」

お気づきのお客さまも多いと思いますがひみつ堂は季節によってイロイロと模様替えいたします。代表的なのはスタッフティーシャツお客さまに少しでも季節感を感じてもらおうとスタッフみんなで季節の演出。お店の雰囲気はだいぶ春めいて参りました。今年はかき氷「うぐいす桜」を模した暖簾を新調。お店のカードも2014夜桜に。

ほんのり桜味で中に自家製うぐいす餡を盛り込んだ春一番のおすすめかき氷「うぐいす桜」は春限定。5月初旬頃まで予定しております。合わせて数量限定となりますが「うぐいす桜カラーのティーシャツ」もご用意がございます。スタッフまでお申し付けくださいませ。
通年で看板メニューとなっております「ひみつのいちごみるく」只今の時期は旬の生いちごを使用して生いちごをトッピング。旬の時期だけの【売り切れなく】終日ご提供させて頂いております。(ゴールデンウィークくらいを境に生の収穫が終わり冷凍ものに切り替わり1日にご提供できる数に限りが出てきます)

暖かさが増しヤネセン(谷中・根津・千駄木)散策の楽しさが増し増しになる季節。喉を潤しに是非お立ち寄りください。

かき氷専門店 ひみつ堂 では現在スタッフさん、パートさんを大募集しています。夏休みだけの方も、春からお手伝いして頂ける方も高校生から未経験でも歓迎しております。週2くらいから。お店までお気軽お電話ください。


ひみつ堂
[PR]
by omodakaya-ice | 2014-03-18 08:15 | お知らせ

本年も宜しくお願い申し上げます。

b0195849_18102467.jpg


            




               謹んで初春のごあいさつ申し上げます。


  




新春の営業は一月三日が初日でございます。



毎年恒例「黒豆しょうが」のかき氷。

大玉丹波黒大豆の飛切を圧力鍋を使わずに弱火でじっくりと五時間かけて煮ていきます。

谷中の乾物屋の女将さんにちょっとしたコツを伝授してもらいモッチリとした歯ごたえに仕上げます。

調味液に一晩漬けてから火を入れていきますので、一日で作れる量は限られてしまいます。

新春営業の三日間で使う黒豆は年末から元旦へ前倒しで煮ていきました。

かき氷にすると一日30杯できるかできないかだと思います。十日からの通常営業でもご用意して

参りますが、黒豆は店主仕込みのみになりますので、採氷のお手伝いの関係もございまして

ご用意できない日が出てきます事をご了承ください。一月十七日頃までご用意を予定しております。


「新春特製ひみつのいちごみるく」

旬本番を迎えていきます完熟いちごのかき氷。大晦日NHKさん紅白を見ていて

思いもかけない演出で感動してしまい思わず言ってしまった「いちご多めで」

通常は「ひみつのいちごみるく」一杯で100ミリリットルのいちご蜜を使用しますが、

感動分+アルファでいちご蜜多め、練乳蜜少な目で

更に大粒いちごの飾りつけも継続させていただきまして、

スタッフの愛食法も取り入れて「いちみ」初の試みのもう一品トッピングで

「新春いちみ」とさせて頂きます。

こちらは2月いっぱいまでできるだけ売り切れなきようご用意させていただきます。


「パンプキンクリームキャラメル」

昨年末で終了の予定でございましたが、継続希望のお声を多く頂戴しておりますので、

北海道かぼちゃの入荷が切れるまで継続させて頂きます。


他にもいくつか新春特製かき氷がございます。

お手数ではございますが日々のメニューはツイッターでのご確認をお願いいたします。



今年も回して、回して、回して



一年全てのかき氷を「手動式の機械」で作っていけますよう精進して参ります。

お客さまの熱い熱い御支援御贔屓の程よろしくお願い申し上げます。


2014年という年がお客さまにとって笑顔多き年となりますように!!


2014年 元旦

ひみつ堂
[PR]
by omodakaya-ice | 2014-01-01 18:17 | お知らせ

ひみつの冬の部

b0195849_7445170.jpg


毎年恒例となりました山ぶどう。夏の部の終わりとともにお店にクロネコさんが届けてくれました。かわいい絵手紙と一緒に。

手紙に書かれた素朴な絵をみるとなんともほのぼのいたしますが、収穫のご苦労は並大抵のものでないと笑顔で答える杉山さん。

自分なりの農業をとほぼ無一文で都会から移住され、十数年自分なりの生き方を実践されています。

農業に養鶏に音楽。

杉山さんの魅せられた、澄んだ空気、清らかな水、限りなく広がる星空、時折走る車の音以外は全て自然が奏でる心地よい音。本当に素晴らしい自然環境。


みみずや虫だらけの畑で愛おしく育てられた野菜は僕の中で元気をもらえる数少ない食べ物です。




b0195849_7452554.jpg





「そいえば、山ぶどうはどうやって出してるんすか?」

「おんなじです、それと。お砂糖と山ぶどうだけ。種もカリカリして楽しいのでそのまま。」


「健康にいいっすな。こっちでも村の人達は冬に体を温める為に飲むんすよ。」



うっすらとした墨絵のような雲のかかりで、秋田県東成瀬村の風景が幻想的な印象に…


「ここっすなぁ。」


農家の杉山さんちから、一本道の向こう側は綺麗に整理されたいちごの畑。

向こう側は清流成瀬川が流れ、奥に山々が広がり、なんとも清々しい空気が流れる。

「いちごって強いよね~、この畑の上に冬は家の高さぐらいの雪が積もっても、夏にはしっかり実をつけるんだもん。」


毎年、夏になると送って頂いてるゆうこさんの路地栽培いちご畑だ。

育ち過ぎた苗の横には、植えられたばかりの苗の赤ちゃん達。育ち過ぎると実が取れなくなってくるらしい。

杉山さん夫婦にいちごの畑で説明をうけ、ゆうこさんともお会いすることができた。

「減反で空いてるところに無農薬でいちごを植えて、子供達に食べさせるために始めたんですよ。」

加工用、生食用、など用途によって何種類ものいちごを作っていて、なによりもいちごがお好きらしい。

杉山のあきらさんはカボチャを作るのが好きらしく、来年はうちのパンプキンやらポタパンやらをまかなってもらう約束をした。

今年は八年に一度と言われるぐらい山のものが豊作で(くわのみ)芋やかぼちゃがタヌキや熊にやられなくてよかったと話していた。

稲刈りが終わり紅葉の時期はカメムシが多いらしい。もちろん家の中の電気にも集まる、集まる。

汁椀のふちを上手く歩くカメムシを見て、「中に落ちないといいな。」といいながら特に気にもせず、「美味しい~」といいながら食事を進める子どもたちサスガ。

来年はラズベリーやブルーベリーもやってくれるそうなので、いちごや山ぶどうはもちろんのこと、子供達をこんなにも強く逞しく優しく育む土地で採れる新しい果実も

きっと衝撃的な未知(美知)の味なんだろうと今から楽しみでなりません。




*** *** *** *** ***

2013山ぶどうの事前予約は終了しています。
ご予約頂いたお客様は誠に恐れ入りますが、11月中のご来店をお願い申し上げます。


当日分のご用意もございますので、ツイッター本日のメニューに掲載日にご提供です。


12月初旬~
「クリスマス特製いちごみるく」旬生いちご使用。
11月中旬から受付開始

熱々オーブン料理「七宝グラタン」(12月~1月のどこかでご提供開始)



今年で三度目の「 ひみつ堂 冬の部 」

暖かいお店にして、あったか~いごはんを準備して

皆様の元気につながるような「かき氷」を作っていけるよう精進して参ります!


ひみつ堂一同
[PR]
by omodakaya-ice | 2013-11-06 07:49 | お知らせ

秋~冬のかき氷

b0195849_1833375.jpg




いつの間にか蝉時雨から虫時雨へと、辺りを包む音色も代わり

朝晩に感じる風に一枚羽織らずにはいられない陽気になってまいりました。

通年でご来店頂いてるお客さんのお声から

「これからの季節が一年で一番かき氷が美味しいんだよね。」と仰るかたの多いのもこの季節。


それには色々と理由(ワケ)があります。

気温もさることながら、湿度も低くなりカラッとなるこの季節は

薄~く削った氷が集まったかき氷には、抜群の環境。

乾燥している喉に、程よく溶けた氷が心地よくなっていくのもこの季節ならではのかき氷の楽しみかた。


蜜(みつ)も

夏のさっぱりフルーティから

濃厚にこってりなものも仲間入りして味に厚みが増します。

一杯の器の中にも、味の厚みが出てきます。

大忙しの真夏から開放された厨房で

作りこむかき氷ができるからです。

中でも暑い時には作らない「ひみつのキャラメル蜜」を使ったキャラメルシリーズ。

ひみつのキャラメルシリーズの中でも一番人気は「パンプキンクリームキャラメル」

みるくに焦がしキャラメルと塩、またその上にみるく。

仕上げはかぼちゃを蒸しあげるところから氷蜜作りが始まるかぼちゃペーストソースならぬ自家製かぼちゃ蜜をたっぷりかけたか上に、また焦がしキャラメル。

テカテカとか蜜が滴る(したたる)冬の女王貫禄十分なかき氷です。




平日限定で蜜のお取り置きを再開させて頂きました。


赤と白の「ひみつのいちごみるく」も売り切れる時間が遅くなっております。もちろんお取り置きも可能でございます。


多数お問い合わせ頂いております「冬季限定グラタン」はもうしばらくお待ち願います。申し訳ございません。


ひみつ堂
[PR]
by omodakaya-ice | 2013-10-01 18:16 | お知らせ

八重山の海風

b0195849_711113.jpg


「あーもりにしくんかぁ~いつからこれるぅ」

一時スキューバダイビングにハマり色んな海に潜っておりました。当然のことながら貯金が底をつき…
そんならいっそのこと、南の島で暮らしてしまえ!ついでにダイビングも仕事にしてしまえ!!と都会人にありがちな妄想を現実のものにしてくれた沖縄県西表島。

沖縄県では沖縄本島に次ぐ大きさの島ですが、島にはコンビニは一つもなく、お弁当を買う時はおとなり石垣島のホカ弁屋に前日に電話注文を入れて、翌朝旅客船にのった弁当を港まで取りにいくというなんとも不便な島でしたが、亜熱帯ジャングルに覆われた島をぐるりとサンゴ礁が囲み、浜から数歩海に潜れば珊瑚に群がる色とりどりの魚たち、滝の上流を目指し必死に山を登ったその先で眼下に広がる風景を見れば「じぇ」じゃないじゃない「じゅ!」ジュラシックパークの“飛ぶ恐竜”の気分を味わえます。まさに東洋のアマゾン。沈む夕日の美しさはもちろんのこと、毎夜変わる月明かりに照らされる海や近くの島々に感動したことをよく覚えています。

感動の中の一つが島名産の「パイン」出荷できない小さなものが(握りこぶしぐらい)スーパーに安く売っていたので、ジュース代わりによく食べていました。

かき氷の定番氷蜜に!!とずっと思ってましたが、内地(沖縄の人は本土のことをナイチと言います)から取りよせるにはチトお値段が…ということでお店の皆みんなには無理を言ってお休みを頂き、仕入れの交渉にいってきました。

生産している現地に出向き農園を見ながら生産者さんのお話を聞くことは、いつも使わせて頂いている果実により愛着がもてますし、その果物を見るだけで幸せな気分になり「大切に使おう」という気持ちが大きくなります。

そんな自分にとっては思い出深い西表のパイン、暫くの間ご提供させて頂きます。品種は「ピーチパイン」~「島パイン」。香りや甘味もさることながら一番の特徴は沢山食べても舌がピリピリしないこと、農家のおばぁ曰く「八重山の海風が美味しくしてるのさぁ~」だそうです。合わせて御贔屓頂いております「宮崎・鹿児島マンゴー」に加え「西表島産完熟マンゴー」も時折お出しさせて頂いて参ります。お楽しみ頂ければ幸いです。


海つながりでもう一つご案内


ハワイのビッグウェーブさながらの大波にのる蒼井優さんが表紙の「今日もかき氷 完全版」7/5発売予定



大波かき氷



作らせて頂きました。

いつお会いしても、周りを元気にさせる彼女のパワーは、人を喜ばせようとする真の俳優魂なんだなと思います。スクリーンで輝く彼女に負けないよう“かき氷魂”を日々磨いて、かき氷で元気に楽しくなってもらえるよう努めて参ります。

そんなわけで

「今日もかき氷 完全版」発売記念氷

“大波かき氷”

表紙とおんなじに~

注・ボードに乗った優ちゃんはついてません(笑)


「西表島パイン」「西表島マンゴー」「大波かき氷」の発売時期はホームページ(本日のメニュー)にてご確認くださいませ。

【お知らせ】

7月・8月・9月は「ひみつ堂夏の奮闘営業」につきまして全営業日が11時~20時となります。(7月前半の土日は仕込み量の関係上、売切閉店する場合がございます。)


暫く間、氷蜜のお取り置きは平日18時~20時限定とさせて頂きます。


土日祝は混雑いたします。お天気と気温により10時開店の日もございます。
Twitterでご確認くださいませ。


夏のスタッフとしてお手伝い頂けるかたを若干名募集しております。


いつもいつも沢山のご来店本当にありがとうございます。日々精進して参りますので、変わらぬ御贔屓お引き立て下さいますよう何卒お願い申し上げます。


ひみつ堂
[PR]
by omodakaya-ice | 2013-06-26 07:15 | お知らせ

紫陽花みたいなかき氷

b0195849_18594766.jpg



「上野から歩いてきたからアッツイわ。かき氷食べてんのに汗出てくるわ。 ははは」


「じき汗ひきますよ。」


「まだ夏じゃないのにたいへんねぇ。夏になったらどんななっちゃうの?」


「ははは。」


街のあちこちで見頃を迎えている紫陽花。青空の少ない時期だからこそ見ているだけで清々しい気分に浸れます。

紫陽花のような清々しい気分にさせてくれるかき氷をと、只今の季節限定は「紫陽花」(梅雨明け7月半ば??ぐらいまで)。絞りたてレモンのがたくさん入った蜜を天然クチナシ色素でほんのり紫陽花色に。そこに黄色の晩柑蜜を彩り。

じつは闇氷の上にかかっている蜜と同じです。

うっすら蒼いのでソーダの味がするとかしないとか。

視覚的作用による味覚の変化。

ご贔屓頂いております中身ひみつの周年記念氷の「闇氷」6月16日まで

最終週は闇用レモン蜜を紅こうじで色づけ、うっすらモモイロです。


さて、どんなお味がするのでしょうか?


~梅雨時混雑状況~

平日は12時台と17時台が空いています。
雨の日は空いていますが、おやつ時は一時的にこみ合う場合がございます。


土日祝は
開店と同時に満席でお待ち時間もございます。夏までは基本的にお待ち頂いた順番にご案内させておりますが、お待ち時間を1時間以上頂戴する陽気の日は、整理券を発行させて頂く場合もございます。
雨の日は、12時台と17時台が空いております。


夜の部(18時~20時)
6月いっぱいは木曜日・金曜日のみ(ほか曜日は18時まで)

7月・8月・9月は全日20時まで営業(日曜日は売切じまい)

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


ひみつ堂
[PR]
by omodakaya-ice | 2013-06-12 19:06 | お知らせ

夏に向かって

b0195849_1903948.jpg


今年のゴールデンウィークは快晴の毎日で

千客万来、全国各地から大勢のお客様にご来店頂きまして

熱く熱く御礼申し上げます。


天候に恵まれたのもさることながら、帰る前にもう一度と2日続けていらしてくださるお客様も多く、本当にお客様に沢山ご来店頂けるお店になって参りました。

それもこれも二年目、三年目と続けて手助けを頂いておりますスタッフさん達の努力の結晶だと強く思っております。



「夏を乗りきったら、めっちゃできる女になれるよ。」



二年前に新人で日暮里にくると緊張でお腹が痛くなるといっていた子も今は学生のリーダー、新しく入ってくる人たちに指導する立場です。そんなお店の基盤を築いてくれたスタッフの大半が来年就職、留学で最後の夏となりますが、新しく入ったスタッフの皆さん達には、先輩達の魂を少しでも理解してもらい次のひみつ堂を作っていってもらいたいと切に願います。

お客さんの待ち時間の楽しみかたを模索するため、休みの間入り浸っていた上野公園の新緑が青々しい季節となりました。上野動物園、東京国立博物館、国立西洋美術館、国立科学博物館、国際子ども図書館などの文化施設が集中し催物も期間で代わり、自然も春の桜から、夏は不忍池の蓮、秋は公園一体に散りばめられた紅葉の木と見所満載で平日でものんびりワイワイとしたお休み気分を味わえます。芸大方面を抜けるとひみつ堂から公園まで徒歩40分(個人差あり)ぐらいでしょうか?セットでうちもお楽しみ頂けると幸いです。

梅雨明けまでは比較的緩やかな営業になり、お待ち頂く時間も落ち着いてくると思いますが、天候・気温に大きく左右されるのが「かき氷専門店」。整理券発行時などは、できるだけTwitterでもお客様に報告できるよう努めて参ります。


アリさんも活発に動き出したこの季節

ワン!スリー!ツー!♪ゴー!!とガシガシ剥いて、シャカシャカ洗って、くるくる回して、器に盛って彩って!!

みんなで力を合わせて

人力でかき氷を作る!!

(※ミキサー以外)



(笑)

ひみつ堂
[PR]
by omodakaya-ice | 2013-05-10 19:05 | お知らせ

ひみつのゴールデンウィーク

b0195849_20295669.jpg


まちのあちこちでツツジや藤の花が咲き乱れる華やかキセツとなり、根津神社ではツツジの種類によっては満開になり「つつじまつり」が開催されています。

初夏の散策の折、のどを潤すかき氷をご用意してお待ちしております。

★★★ひみつのゴールデンウィークのご案内★★★

今年もゴールデンウィークの休日は全日営業させていただきます。

(4月30日の火曜日はお休みさせて頂きます。)

ゴールデンウィーク期間中は全日11時~18時営業となります。

気温が上がり混雑が予想される日は前年同様のノート方式もしくは整理券の配布にてお客様のお待ち時間を有効に使っていただけますよう努めて参ります。

お伝えするお戻りして頂くお時間は、あくまで目安でございます。

待ち時間のご案内は店舗前のみとなっておりますので、お電話でのお問い合わせは致しかねます。

この期間と真夏は蜜のお取り置きをお休みさせて頂きます。

蜜によりましては売切れになるものございますので、ご了承くださいませ。


ご来店くださるお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、スタッフ一同「楽しかったひと時」になるよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申しあげます。

ひみつ堂
[PR]
by omodakaya-ice | 2013-04-22 21:08 | お知らせ